日本DID株式会社

  •  NETIS新技術情報提供システム詳細
  • 工事現場ITC導入

公共型infobooth スマートソリューションA

製品情報・導入事例

infobooth
屋外・屋内兼用 22型 デジタルサイネージ

infobooth屋外・屋内兼用 22型 デジタルサイネージ
外形:W575 × H1710 × D550
モニターサイズ:22インチ
解像度:Full HD 1920 × 1080px
耐久時間:50000時間
ボリューム:調整可能なスピーカー
色温度:暖か/中間/涼しい

入出力:15ピンサブD/HDMI/外部スピーカー
輝度:1200(cd/m2)
視野角:水平垂直178度
画像・動画:JPG/MP4/MPG/MPEG/MP3
温度制限:0〜50℃
湿度制限:20〜80%
動作電圧:AC100〜240V(50〜60Hz)
消費電力:300W(最大)

詳細はこちら»

フレッシュネスバーガー様
エントランス

フレッシュネスバーガー様

フレッシュネスバーガー様

  シズル感を動画でもお伝えしています。


無償設置型デジタルサイネージ infobooth(商標登録番号:第5764933号)infobooth 商標登録詳細へ

なぜデジタルサイネージを無償配置できるのか

なぜデジタルサイネージを無償配置できるのか。
デジタルサイネージを設置したいが、高額な料金の支払いが必要ではないかと考え、導入を諦めていらっしゃるお客様、日本DID株式会社の「infobooth®」は、infoboothの設置場所を提供いただくことで、設置費用、月々のコストともに無料で設置が出来ます。

infoboothの考え方

infoboothの考え方
日本DID株式会社の「infobooth®」は、設置店舗様に一切の費用負担の不要な、デジタルサイネージです。
infoboothに掲載した広告収益のうちの30%は、設置場所収益として設置店舗様の収益となります。


infoboothを活用した未来紹介

infoboothを活用した未来紹介
時代が変わります。ネットワーク型第四世代デジタルサイネージ infobooth が完成しました。日本DID株式会社では商品名 infobooth 3G という16:9の縦型DID

(デジタルインフォメーションディスプレイ=デジタルサイネージ)を首都圏で局地的に1000機配置する計画です。

日本DIDが考える、IoT

infoboothの考え方
日本DIDの「infobooth」は、遠隔操作可能なデジタルサイネージにより室内・室外における災害時・平常時の情報ネットワークの 構築を図り、相互に情報を配信することにより

地域活性化を促進します。日本語・外国語の併記が可能ですので、行政施設に設置すれば、広報、危機管理、外国人対策、防止、防犯、イベント、観光情報発信に最適です。

公共型infobooth スマートソリューション A

公共型infbooth ソリューション
① 空調装置(吐き出し口)
② 空調装置(吸入口)
③ LEDダウンライト
④ 一般ディスプレイ
⑤ 電話モジュール(埋め込み)


詳細はこちら»

公共型infbooth スマートソリューション B

公共型infbooth ソリューション
① 世界初 3D立体 ディスプレイ
② 公衆電話
③ 無料WiFi支援
④ スマート機器 充電用USB機能
⑤ SOS 要請機能


詳細はこちら»

ページのトップへ戻る