日本DID株式会社

  •  NETIS新技術情報提供システム詳細
  • 工事現場ITC導入

国土交通省NETIS評価情報技術「VE」に登録変更されました。

国土交通省NETIS評価情報技術「VE」に登録変更されました。      NETIS概要



 このたび、国土交通省NETIS(新技術情報提供システム)において活用評価効果結果が出され、事後評価済み技術として登録変更されました。
これにより、登録番号が評価情報技術「V-3」から、事後評価済み技術「VE」へとなりましたのでお知らせいたします。


2016年12月15日登録変更
技術名称 : 路上工事現場用デジタルサイネージ
NETIS登録番号 : KT-130012-VE
評価結果
【総評】
 評価基準に基づき「本技術活用により1枚の看板で内容を変える事が出来る為施工性が向上。」と評価される
【所見】
  1. 従来技術と比較し、高輝度電子看板を使用することで視認性が向上する為、品質・出来形に優れる従来技術より優れる
  2. 視認性が高まり、安全性が向上した。従来技術より優れる
  3. 従来技術と比較し、表示内容の変更が容易になり、現場の複数の看板を集約することが出来る為、施工性に優れる。従来技術より優れる
【品質・出来形】
従来技術より優れる。
【安全性】
従来より安全性が向上した。
【施工性】
従来より施工性に優れる。
継続調査等の必要性について
継続調査等を必要としない。
施工者のメリット(新技術の活用の加点数の説明)
【工事成績評定点の向上】
 NETIS 登録技術を活用した施工を行った場合、工事が 完成した段階で発注者により採点される工事成績評表定 点の加点対象となります。施工のコスト縮減や工期短縮 の実現等、質の高い施工実績を残す事で、次回の入札に 有利となる評価につながります。
NETIS 新技術情報提供システム詳細ページ
ページのトップへ戻る