建設nfoboothデジタルサイネージとweb連携

「建設infobooth」NETIS登録KT-220152-A建設infobootは、工事現場の情報をデジタルサイネージとwebを連携させて一元的に掲示するシステムです。このシステムは、国土交通省が掲げる、“デジタルサイネージを書面に代えて使用するための要件”を満たすとともに、各企業が取り組んでいる社会貢献活動を広くPRできる媒体としても位置づけられています。

具体的な機能としては以下のようなものがあります。

  1. 近隣住民への工事告知
    工事現場周辺の近隣住民に対し、工事の進捗状況や影響範囲、注意事項などの告知を行うことができます。情報の更新が容易であり、リアルタイムな情報提供が行えるため、近隣住民の安心・安全を確保することができます。
  2. web掲載との連携
    工事の進捗や予定変更などの情報を、webサイトやSNSなどに自動的に反映させることができます。これにより、現場スタッフの手間を減らし、より迅速かつ正確な情報共有が可能となります。
  3. 一斉同報機能
    近隣住民に対して一斉同報を行うことができます。スマートフォンやタブレット、パソコンなど、さまざまなデジタル端末に情報を届けることができます。

これらの機能により、工事現場での告知や情報伝達を効率化し、地域の理解と協力を得ることができます。ゼネコンや建機レンタル会社など、新たな国交省NETIS新技術の活用を検討されているゼネコンには朗報です。また、建機レンタル会社には、従来技術を工事案内チラシと併記されているので、販売促進として極めて有効です。

建設infoboothの情報更新は、主にウェブとの連携を通じて行われます。
具体的には以下のような手順で行います。

  1. 工事の進行状況や安全情報の更新
    工事の進行状況や安全情報などをweb上で更新します。これらの情報は、建設infoboothのデジタルサイネージに自動的に反映されます。
  2. ウェブ掲載との連携
    更新した情報は、webサイトやSNSなどに自動的に反映されます。これにより、現場スタッフの手間を減らし、より迅速かつ正確な情報共有が可能となります。

このように、建設infoboothはwebとの連携を通じて情報の更新を行い、現場スタッフの手間を減らし、より迅速かつ正確な情報共有を実現します。具体的な操作方法や詳細については、各代理店にお問い合わせください。また、初期設定費用は30,000円、月額掲載料は10,000円となっています。これらの情報を活用し、貴社の入札活動を成功に導くことができます。具体的な活用法や効果については、各代理店により異なる可能性がありますので、詳細は各代理店にお問い合わせください。